icon

光と音の天平七夕絵巻

平城宮跡や七夕をテーマとした、
光と灯りの切り絵と音楽で、夜の平城宮跡を華麗に彩ります。
平城宮跡の歴史や七夕の物語、奈良時代の雰囲気を感じながら、
幻想的な世界をお楽しみいただけます。
icon

平城宮と七夕

七夕行事は、日本に従来からあった棚機津女(たなばたつめ)伝説と、
遣唐使などによってもたらされた中国古来の風習や伝説とむすびつき、
やがて今日のようなたなばたへと形を変えたとされています。
奈良時代にはここ平城宮でも七夕の日(旧暦の7月7日、現在の8月ごろ)に
祭を行っ ていたと言われ、万葉集にも織姫と彦星の物語が多く詠まれています。
icon

光と音の天平七夕絵巻アーティスト紹介

光の切り絵 酒井 敦美

独学で絵を描き、舞台用の切り絵制作を経て、光の切り絵作家としての活動が始まる。“切り絵”を、“光”に透かして表現するオリジナル作品を「光の切り絵」と名付け、制作・発表を続けている。

楽曲 サキタ ハヂメ

作曲家・ミュージカルソー(のこぎり)奏者。NHK連続テレビ小説「おちょやん」等ドラマ・CM・映画・ミュージカル等の音楽を多数担当。アメリカのミュージカルソーコンテストで2度優勝。平成23年度文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。

icon

天平謎解き

平城宮跡の歴史を学び、ヒントにしながら、会場内を巡る謎解きゲーム。
知識だけでなくひらめきも必要となる問題は、お子様から大人の方までお楽しみいただけます。
※アンケート回答で参加賞(無くなり次第終了)がもらえるほか、
全ての謎が解けた方には抽選で豪華プレゼントも!
QRコードからLINEのお友達登録をしてね!